上高地 2004年~

このエントリーをはてなブックマークに追加

 2007年10月



        (上高地帝国ホテルにて)                 (大正池対岸の雑木林)

 近年では2004年10月、2007年10月、2010年5月に富山からバスツアーで行く。
現地に行ってから自由行動時間を目一杯使って上高地の景色を見てまわる。 毎年行きたい所なのだけど、最近の日帰りコースは自由時間が少ないので、ここ数年は行っていない。
 2004年は、まだフィルム写真だったのでHPには載せてありません。 2007年はデジカメのはずなのに、何故かデータには数枚しか保存されてなくて、ご了承ください

 2007年のコースは帝国ホテルでのランチ付きだったが、散策する時間が削られてしまうので私にはホテルでランチを食べている時間も惜しいくらいだった。



                       (田代池にて)

 大正池からほど近い所に田代池がある。  木々の間を歩いていると、ふと開けた場所に出る。
 そして、水の清らかさや景色に目を奪われ、ずっと佇んでいたくなるそんな場所である。

 2010年5月 大正池~田代池~河童橋へ



    (大正池と焼岳)             (焼岳)          (大正池から望む穂高連峰)

 いつも大正池でバスを降りてそこから歩くことにしている。 まず大正池が見えてくる。
それだけで私は胸がときめく。 そして、ゴツゴツした焼岳が眼前に現れる。 私は焼岳が好きだ。「焼岳と大正池…」最初から時間をとられてしまうから困るのだ。 後ろを何度も振り返りながら大正池を後にする。



 (穂高連峰が正面に見える)          (田代池)

 田代池に着く途中に白樺で囲まれた遊歩道がある(左写真)。 そこからは穂高連峰が望める。
多分ここも有名なスポットなのだと思う。 私も必ずここで写真を撮っていく。 この遊歩道を過ぎると再び林の中へと入って行く。

 上高地を流れる川の水は、どこもかしこも澄んでいて綺麗だ。 私が上高地に来て初めて感動したのはこの川の水の透明感だった。 何時間見つめていても飽きることがない。 私の故郷の川にはない美しさがある。



      (穂高連峰)        (右手奥に河童橋が見える)      (河童橋から望む焼岳)

 中の瀬公園辺りで休憩し昼食にする。 前もってコンビニで買ってきたサンドイッチ食べる。
ここから橋を渡って行くとウォルター・ウェストンのレリーフがある。 梓川左岸(下流から見て)の歩道よりも私は河童橋までは右岸(下流から見て)の方が好きなので、穂高連峰を望みながら、そして梓川に沿って右岸から行く。
 河童橋に近づくとだんだん騒がしくなってくる。 そして、河童橋辺りで一度現実に引き戻されていく…。


 河童橋から明神池へ


  
          (穂高連峰)                     題 「春雪」

 私は、いつも河童橋からよりもその橋を渡り、少し行った場所でゆっくりと穂高連峰を眺める。
 左写真はその場所から撮ったもの。 
 右の
パステル画は、その風景を下手の横好きの私が描いたものです。


   

 河童橋から明神池へ、梓川左岸(下流から見て)の遊歩道を歩いて行く。
 清澄な梓川の流れに、薄汚れた私の心はリセットされていく…。
 時々、屋久島に似たような苔むした風景に出会う




    (二輪草)             (明神橋)             (明神池にて)


      

 明神池のほとりに良く似た二本の木が並んでいた。 松の木かは、はっきり分からないのだけど、その良く似た淡い薄緑色の二本の木が、何故か妙に気になって何枚か写真を撮ってしまった。
その時、私なりに何かオーラみたいなものを感じたのだろうか…。