雨蛙(アマガエル)

このエントリーをはてなブックマークに追加

  


     
       (パイプに棲みついてしまったカエル)         (これがもの干しの鉄パイプ)

 もともとは、田んぼが造成された団地だったので、今も周りには田んぼがある。
田んぼに水が引かれる5月になると蛙が一斉に鳴き出す。毎年、私はその元気な鳴き声を聴いて心から安心する…。
 田んぼが、近くにあるせいか我が家の庭にも、いつの間にか蛙が棲みつくようになった。
左上の写真は、数年前、竿を掛ける鉄パイプの空洞にちゃっかりと入って棲みついた蛙だ。
えらく響く鳴き声の蛙がいたので、おかしいなと思っていたらこの中にいたので、本当に驚いた。

  2014年


 
 

 毎年のように蛙が誕生し、2,3年以上生きているものもいる。
 上写真は、2014年4月28日に撮ったもので、紫陽花の葉の上でじっとしていた。
 もちろん今年生まれた蛙ではない。 そんな蛙はお気に入りの場所を自分で見つけるらしい。
 ふてぶてしい顔をしてこちらを観ている。 私が近づいても動じようともしない。
 『いつまでじっと見ているんだよ…!!』と逆に蛙に言われているような気がした…。

  今年生まれた「アマガエル」


      
      (2014年8月30日21時頃)              (息子が描いた蛙のイラスト)

 ちょうど外に出たら玄関前の外壁にカエルがくっ付いていたので、撮ってみた。



   IPPEI(息子)の生きものイラスト集