深秋の百間滑・龍神の滝・大杉へ(2016年11月5日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

  今年の6月に訪れ、秋も深まった11月5日(土)に再び粟巣野へ車を走らせて、ようやく龍神の滝に出会うことができた。

    img_5733-800x600   img_5678-600x800

 粟巣野スキー場からは、立山駅を出発し美女平(1,000m)へと向かっていくケーブルカーを見ることができる。 ここから百閒滑まで約30分ほど歩く。

 

  img_5725-800x600  img_5727-800x600

 百閒滑に架かる橋まで行くと紅色から黄色へと染まったヤマカエデがまず目に映る。

紅葉シーズンもそろそろ終わりに近づいているからだろうか、人もまばらでとても静かだった。

 img_5718-600x800  img_5729-600x800  img_5681-600x800

 

 まだかまだかと思いながら、百閒滑から松尾の滝(今回は水が流れていなかった)を過ぎ、さらに少し登ってようやく水の流れる龍神の滝が現れた

 周りの風景と調和していて、きっと毎年訪れても見飽きないだろうそんな美しい滝だった。

     img_5707-600x800    img_5709-600x800

 

 さらに数分登ったところに、タテヤマの大杉が群がっている場所があった。 何故その場所に大杉が多く息づいているのか不思議に感じたのだけれど、その空間はとてもひんやりして静寂で、すぐに立ち去るのがなんだか惜しくて、その場所に古ぼけたベンチがあったのでそこに座り、ひとり誰もいないその空間で一時過ごした。

 img_5700-600x800  img_5703-600x800  img_5704-600x800

 その後、百閒滑の見えるところまで下り、沢の流れのそばの岩に腰かけて昼食をとり、帰途に着いた。

 また来年も訪れることが出来ますように…。 (12月18日記)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>