秋の弥陀ヶ原・室堂山へ (2016年9月27日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

  9月27日(火)勤務日でないこの日が久しぶりの快晴で、待ってましたとばかりに立山駅へ車を走らせた。いつもよりも1時間程早く出発し、且つ平日だったにも関わらず、駅から離れた駐車場も車でいっぱいになっていた。 皆、同じ気持ちなんだな~、やっぱり…。

 まず、いつものように弥陀ヶ原を訪れる。 高原の向こうには青い空と白い雲。それを背景にしてそびえる大日連山。 いつ見ても美しい。 ゆっくりと木道を歩きながら深呼吸をする。心底気持ちがいい。 この日をどんなに待ちわびたことか…。 

 そして10年余り訪れているけれど、弥陀ヶ原から富山平野富山湾がこんなにくっきりと見渡すことが出来たのは初めてかもしれない。 遙か向こうには能登半島までもが見渡すことが出来た。

 

               【弥陀ヶ原】

img_5408-600x800 img_5402-800x600 img_5403-800x600

              (弥陀ヶ原からの大日連山)

img_5404-800x600 img_5405-800x600 img_5423-600x800

                 (富山平野と富山湾)

 

              【室堂平】

img_5433-800x600 img_5434-800x600 img_5432-800x600

     (別山)           (真砂岳)          (立山)

 

img_5464-800x600 img_5466-800x600 img_5467-800x600

 室堂山荘からみくりが池へ向かう途中で遭遇した雷鳥 

遭遇したのは室堂に訪れるようになってから2度目で約10年ぶり。静かに繁みへと隠れていった。

 

           <室堂山(2,668m)へ>

img_5437-800x600-2 img_5440-800x600 img_5443-800x600

(奥大日岳と室堂ターミナル)  (浄土山が眼前に迫る) (中央に毛勝山、手前にみくりが池)

 

 室堂(2,450m)まで来ると高山病みたいな症状になることがあるので、それ以上の標高は登りたくても控えていた。 けれど、今回は室堂より200mだけ高い室堂山に挑戦してみようと思った。 一番の目的は、室堂山から薬師岳を見ることだった。 そして、何事もなく下山出来たら、来年は浄土山から雄山への登山に挑戦してみたかったのだが、やっぱり、下山するときに強い頭痛と吐き気に襲われて、帰りの車中ではエライめにあってしまった…。 自信をなくしたが、それでも室堂山の頂上からの景色は最高だったし、薬師岳の頂にはガスがかかっていたが、なんとか見渡すこともできた。 その後、10分も経たないうちに全体にガスがかかって、辺りは真っ白になってしまったのだった。 ぎりぎり、運が良かったのだ。

  img_5449-800x600   img_5451-800x600 

  (左に立山カルデラ、右に弥陀ヶ原)       (室堂山から見る薬師岳)

 

img_5439-800x600 img_5458-800x600 img_5472-800x600

     (チングルマ)      (ミヤマキンバイ)       (シラタマノキ)  

 

秋の弥陀ヶ原・室堂山へ (2016年9月27日)」への2件のフィードバック

  1. お久しぶりです。急に寒くなって来ましたがお変わりありませんか?
    天気の良い日に、ちょっと室堂へ行けちゃう……なんて羨ましいことでしょう。
    私は、10/8~10 朝日岳から栂海新道を歩いてきましたが、雨にガスにと大変でした。
    でも、親不知の海岸に着いたときは、感無量でした。
    今度は、天気の良い日に歩いてみたいです。

    • 渡辺様

      コメント、ありがとうございます!!

      お元気ですか?
      御無沙汰しております。
      富山も今週あたりから朝夕冷え込んできまして、我慢できずにとうとう三日前に炬燵を出しました。

      なんとすぐそばまで来ておられたのですね!! メールを見てびっくりしましたよ・・・。
      登山は本当に天候が一番大事ですからね・・・。 でも、無事下山されて良かったです!!
      私はその連休中に奈良の方へ一人旅しておりました。
      その旅のことは、またHP内のブログにいつか(!?)載せようと思っております。
      でも、渡辺さんが羨ましい・・・。 健脚と肺の強さが・・・。 
      いつか私にも登れる山へ一緒に連れて行ってもらいたいです。
      でも、ペースが遅いから迷惑になるかな・・・。
      くれぐれもお身体ご自愛くださいね。
      長澤より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>