富山の春は、もうそこまで・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

 富山ではスッキリとした好天が続かないし、あまりないのです。 

けれど、富山平野に住んでいる人々にとって、格別な晴天の日が訪れることがあります。

澄みきった空気の清々しさの中、くっきりと東方にそびえ立つ立山連峰が美しく映える時、その時こそが格別な日なのです。

今日は、そんな貴重な3月の晴天の日の写真を載せました。

 3月17日(木)母親が入所している施設の近くには、一級河川である常願寺川があります。 

  そこから望む立山連峰の写真です。

 IMG_4538 (800x600)  IMG_4530 (800x600)

(富山市流杉付近 土手の向こうに立山連峰)    (鍬崎山と薬師岳)

 IMG_4541 (800x600)  IMG_4539 (800x600)

        (剱岳)           (大日岳の奥には雄山が見える)

 

 お彼岸の週だったので、ようやく晴れた3月21日(月)お墓参りに行き、その帰りに富山市宮尾にある「豪農の館 内山邸」に夫と立ち寄りました。

ここ数年、毎年3月には訪れていたのですが、祝日に行くのは初めてでさすがに沢山の人たちで賑わっていました。 この日も穏やかで気持の好い一日となりました。  

IMG_4556 (600x800) IMG_4561 (800x600) IMG_4564 (800x600)

   (門にかかる紅梅)     (しだれ桜はまだ蕾)    (内山家のおひなさま

 

 この日は梅園にて音楽公演が催されていて、偶然その時と重なり、その音色にしばし耳を傾けました。 尺八は片山瞠山先生、そして声楽家の加藤恵さんが出演されていました。

不思議でした…。 私は加藤恵さんを知っていました。 今年の3月は、不思議な引力が働いたようです…。

1997、98、2000年に、富山市オーバードホールで公演された市民ミュージカル「12の月たち」(森は生きている)に私は「8月」の役として出演したのですが、2000年の時に加藤さんは「3月」の役として一緒に共演していたのでした。 

あの時、彼女は呉羽高校音楽科の二年生でした。 その時からとても素直で澄みきった綺麗な歌声の持ち主でした。 現在は音楽の先生として、そして声楽家としても活動しているそうです。 

先日の富山市民プラザ主催の「芝居を創る3」でも「12の月たち」と繋がりのある人たちと同じチームになったばかりでした。 

その当時、「森の精」役や「カラス」役として一緒に出演していた高校生や学校の先生の、今度はお父さん娘さんと十数年の時を経て一緒に同じチームで芝居をすることになるとは、偶然とは思えない不思議な繋がりを感じた3月でした…。

IMG_4554 (800x600)   IMG_4555 (800x577)

                        (加藤恵さんと片山瞠山先生)

 

 

富山の春は、もうそこまで・・・」への2件のフィードバック

  1. 先日、ユウチューブで ライブ見ました芝居の時と違ったミユキさんがいましたステキでしたよ!五月五日が 楽しみです〜
    ところでミユキさんは、水彩画もやられるのですね 言葉が悪ですがあなたは、何者ですか

    • 松崎様

      お元気ですか?

      コメント、ありがとうございます!
      いやいや、YOUチューブ見られたのですか?
      ちょっと恥ずかしい。。。。
      先日、西島さんから芝居のDVD鑑賞会のメールがきていましたね!
      これもちょっと、いや大分恥ずかしいです・・・。 セリフを言うので必死な私がおりましたから・・・。
      松崎さんは、とっても自然体で、ウチの家族は「初めて演技をされたとは思われないほど、上手かった」と言っておりましたよ。

      旅が好きなので、さっさとスケッチをして旅先の風景を描くことが夢なのです。
      不器用なのでなかなか上達しませんが、ずっと続けていければなと思っています。

      5月5日は2曲だけですが、6月5日にも富山市内の来望(くるみ)という音酒場でライブをすることが決まりました。
      その時は5曲歌えることになっています。 また詳しいことが決まったら直接松崎さんのメルアドにご連絡しますね。
      お時間がありましたらおいでください!
      長澤より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>