瀬戸蔵山トレッキング 2015年10月24日(土)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 10月24日(土)、立山山麓で行われた5時間コースのトレッキングに参加した。

立山山麓にある「らいちょうバレー(スキー場)」からゴンドラに乗って山頂まで行き、そこから徒歩にて瀬戸蔵山(1,320m)まで登り、後は急勾配な山道をひたすら下り、その途中に「立山杉」「龍神の滝」「百間滑」という沢などに立ち止まり紅葉を楽しみながらの道のりだった。

  IMG_4225 (800x600)   IMG_4282

 

ゴンドラ山頂から瀬戸蔵山の間にはブナ林が続くところがある。 

そこは気持ちの良い素敵な空間だった…。

  IMG_4231 (800x600)   IMG_4233 (600x800)

     (ブナ林から空を見上げる)       (ブナ林を歩くガイドさん)

 

ところどころで大きな立山杉(県木)に出逢う。 何故か数年前に行った屋久島を思い出す…。

瀬戸蔵山山頂から視界が好いと立山連峰がきれいに見えるらしいのだが、この日はかすんでいたので少し残念…。

  IMG_4249 (600x800)   IMG_4242

      (立山杉)          (瀬戸蔵山山頂1,320mより)

 

IMG_4250 (800x600) IMG_4252 (800x600) IMG_4256 (600x800)

 下りの山道にも大きな立山杉がある「龍神の大杉」

 

   IMG_4254 (600x800)   IMG_4259 (600x800)

 雨が数日降らなかったので龍神の滝には滝が流れていなかった(右上写真)

 

 

IMG_4265 (800x600) IMG_4272 (600x800) IMG_4276 (800x600) 

目的の一つだった百間滑の沢は、一番良いロケーションで三脚を立ててずっと居座っている人が数名いる。 ここはオレの陣地だと言わんばかりに…。 いつもそれはどうなのかと私は思うのである。 ヤマカエデの葉の色が鮮やかだった…。

 

 IMG_4279 (800x600)  IMG_4278 (800x600)

息子が子供の頃、家族でよく行った粟巣野スキー場に辿り着き、百間滑の沢からは近いことが分かった。

これでだいたいの道のりは把握できたので、これからは友達や家族と行けるのではないかと思う。

やはり云われたとおり急な下り坂はサポーターが必要だった。 4,5日膝と太腿が痛くて大変だったからだ。 生意気に最近、筋トレもしているからサポーターは必要ないと、身に着けていかなかった。 やっぱり年齢を考えないといけないと素直に反省した…。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>