立山室堂・弥陀ヶ原へ  2015年7月10日(金)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 2015年7月10日、梅雨の合い間の青空に室堂へ行ってきた。

毎年、秋に散策に行くのだが、今回は「白鷹伝説」-故郷の山に抱かれて- というオリジナル曲が出来た報告のために立山に逢いに行ってきた。

【弥陀ヶ原】

  IMG_3911 (800x600)   IMG_3921 (800x600)

  (大日岳と中大日岳の間から沸き立つ雲)     (中大日岳と奥大日岳)

 

 IMG_3939 (600x800)  IMG_3923 (600x800)  IMG_3935 (600x800) 

弥陀ヶ原に着いたのが10時10分頃。 観光客は数人だけ。 皆大概の団体客は室堂に直行するので本当に心底嬉しい…。

遊歩道を立ち止まっては歩く…。 日差しは暑いくらいだが、風の涼しさを感じながら少しずつゆっくりと歩を進める。

前日までずっと雨だった。 何時行けるかと思いながら天気予報を何度も何度も調べ、晴れる日を待っていた…。

  【弥陀ヶ原の高山植物】

IMG_3914 (600x800) IMG_3908 (800x600) IMG_3904 (800x600)

    (ヤマガラシ)       (チングルマとイワカガミ)   (ヤマアカガエルのオタマジャクシか?) 

 弥陀ヶ原に咲く植物と高山で初めて見たオタマジャクシ…。

 

 【立山、室堂】

     IMG_3946 (800x600)

 7月初旬に立山に行くのは初めてなので、まだたくさん雪の残る立山に少し驚いた…。

 それでも、高山植物はあちらこちらに可愛い花を咲かせていた。

 

 IMG_3969 (800x600)   IMG_3988 (800x600)

 左上写真は、室堂山荘のそばにある休憩場所からと撮ったもの。

本当はここから「玉殿岩屋」という場所へと行く予定だったが、まだ雪に覆われていて行くことが出来なかった。 

だから、この場所から「白鷹伝説」-ふるさとの山に抱かれて-を立山に向かってそっと口ずさんだ…。 

毎年、ここに訪れていなければ出来なかった曲である。 大きな声で歌いたかったが、若干一名年配の男性が背後にいたので小さな声で歌ってきた…。

右上写真は雪がまだ完全に融けていない「みくりが池」。 澄みきった空色の水面…。 

今のこの時期、こんなにまだ雪が残っているのか…!? ホントに驚きだった。

  【室堂平の高山植物】

IMG_3983 (800x600) IMG_3995 (800x600) IMG_3948 (800x600)

     (コバイケソウ)           (クロユリ)        (チングルマとシナノキンバイ)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>