新曲「白鷹伝説」(故郷の山々に抱かれて)が2年の時を経て完成しました!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 10年前から室堂や弥陀ヶ原を年に1度ですが、毎年訪れるようになりました。 

室堂平にて、雄山や大汝の3,000m級の峰が連なる立山を眼前に見て、さすがに迫力があるなという思いでいました。

けれど2年前、以前よりいつもとは違う「力」を感じました。 「佐伯有頼」「白鷹伝説」が1300年以上経ってもなお現在まで語り伝え続けられてきたのか…。 その時、少しだけ分かったような気がしました。 

その時から、私も私なりの「白鷹伝説」の歌を創ることが出来ればなと、思いました。 

そして、ようやく2015年4月に歌が完成しました。 

私はこの歌が今まで創作してきた中で、私なりにひとつの区切りなのかもしれない…、そう思いました。

私は詩人ではありません。 凡人です。 けれど、私なりに室堂に10年間訪れた思いが、この歌に込められています。 

日本三霊山の一つと言われる立山の歌を、皆さんに、いつか聴いてもらえることができればと願っています。 

 ※マイホームページの固定ページ「弥陀ヶ原・室堂散策Ⅱ」の中で少しですがその「白鷹伝説」にふれています。 

 

 芦峅寺の雄山神社に吸い寄せられるように最初に訪れたのが、昨年(2014年)の3月下旬でした。

富山は再び雪が降ってとても寒い日でした。 人影はなく神社には私一人だけ。 静寂な中に、大木の杉の葉に積もった雪の落ちる音だけが聴こえてきました。 

もう一度、雪が融けたら来てみようと思い、昨年はこの日を含め4度訪れています。 

今年は私の誕生日に訪れました。  次は弥陀ヶ原・室堂へ行くときに立ち寄っていくと思います。 室堂に行くときは必ず立ち寄ってお参りをして行こうと決めたからです。

 

 2014年4月19日 立山権現 芦峅(あしくら)中宮 雄山神社

IMG_2601   IMG_2600

IMG_2598 (1280x960)   IMG_2588

 

 今年(2015年)最初に訪れたのは3月3日、立山町芦峅寺は、まだまだ雪が深かった。

IMG_3521   IMG_3527

 IMG_3525 (本殿には白鷹伝説の絵が飾られていた)

   IMG_3531 (768x1024)   IMG_3537 (960x1280)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>