浄土山へ(9月6日)

 今年初めての室堂平。 初夏(7月)に訪れたかったが、家庭の事情と今年はこの時期、晴れの日があまりなかったことで諦め、それでも夫に頼んで9月6日に何とか行くことが出来た。 昨年、雄山を下山途中にバランスを崩し足を滑らせ左膝を打って怪我をしてしまったが、雄山を登頂できたことでほんの少し自信がまだ残っていたのか、いつも眺めてばかりいた浄土山に登る覚悟でこの日は来た。午前中は雲は多かったが、まずまずの天気だった。

 

IMG_8076 (800x600) IMG_8078 (800x600) IMG_8081 (800x600)

  車窓から<ソーメン滝>    室堂平からの<浄土山>       <立山>

 

IMG_8084 (800x600) IMG_8085 (800x600)  IMG_8092 (800x662)

 室堂山荘手前に、<一の越方面、室堂山/浄土山方面>の看板がある。 10:50頃、そこを右手に入る。 近づいてくる浄土山を仰ぎ見ながら、小さくなっていく室堂平を振り返りながら登って行く。11:40頃、浄土山登山口に着く。私の体力ではこれが精一杯のタイムだ。

 

IMG_8093 (800x600) IMG_8095 (800x600) IMG_8096 (600x800) IMG_8097 (800x600)

 <浄土山登山口>  <下はいつの間にかガスで覆われていた>    <北峰からの雄山>

 さあ、いよいよ一度も登ったことのないルートへ。 一人だし、私の後には登る人がいないので、とても不安だった。 最初からゴツゴツとした想像よりも大きな岩の登山道を登る。 赤色のペンキで塗られた矢印を確認しながら慎重に一歩ずつ登る。 心細いので下りてくるすれ違う男性陣に「まだ大きな岩道は続きますか?」とか「頂上まではまだですか?」とついつい訊ねてしまっている。 返事は「まだまだかかる」と言われる。 頂上が見えない、というより分からない。あそこかなと思って登ってもそこはまだ途中なのだ。 やっぱり引き返そうかなどと思うようになる…。 そして振り返れば、さっきまで見えていた登山口辺りはもう見えず、ガスで覆われてしまっていた。 もう、登るしかないと決心し、とにかく一歩ずつ前を行けば辿り着くと言い聞かせながら登る。 ほとんど岩場の登山道で三点支持を心がけながら、ようやく浄土山北峰(2,831m)へと辿り着く(12:25頃)。 左手を見るとガスの切れ目から一瞬、雄山の頂上が見えた。 ガスがかかり薬師岳方面も望むことが出来なかったが、何よりもそれが嬉しかった。

 

IMG_8100 (600x800) IMG_8103 (800x588) IMG_8107 (800x600) IMG_8111 (800x600)

         北峰にある軍人霊碑><南峰にある富山大学立山研究所><龍王岳2,872m>

 浄土山登山口からは登るので精一杯。 写真を撮る余裕などなかった。

 

IMG_8114 (800x600) IMG_8115 (800x600)  IMG_8118 (800x600)

<眼下に一の越山荘が見える>    <大きな岩場>      <一の越から雄山を望む>

 一の越へと下山する(12:55)。私の身長を遙かに超える最後の大きな岩場を慎重に下りる。13:25頃、一の越に到着し、ようやく昼食をとる。 室堂山荘を過ぎたあたりから雨が降り出したが、無事、室堂駅に14:30頃到着する。

 

  IMG_8088 (800x600) IMG_8089 (703x800)  IMG_8108 (800x600)

    <イワツメグサ>    <チングルマ>      <南峰で咲いていた花>

 

「父、姉との幼い頃の微かな記憶・・・」

 私にはあまり幼い頃の記憶がありません…。 本当にないのです。 賢くないのは多分そのせいもあるのかなぁ~…。 そして、三姉妹の中で唯一私だけが赤ん坊の時の写真がないのです。 もともと父や母の私に対する接し方にも、いつも姉妹と比べて卑屈になっていた私は、そのことにもずいぶん子どもながらに傷つきました。 多分、今も心の奥底ではそうです…。 けれど、写真がないその理由を尋ねたような気もするのですが、結局はずっと曖昧なままで今日まできてしまいました…。 

 そして、その虚ろな記憶の中の写真がこの一枚です。 おそらく4歳前後頃ではないかと思います。 まだ昭和30年代、女の子が、おかっぱ頭の時代です。 父親はその時の気分で行動する人なので、この日も突然どこへ行くとも分からずに車に乗せられ、隣の町にある「岡田写真館」(岡田氏は父親の知人)に連れて行かれました。 まだ、道路が砂利道の頃でぬかるんでいたことを微かに憶えています。 どうしてかというと、姉は賢いのでそのことを知っていてか長靴を履いていますが、私は普通の靴を履いていて濡れて汚れてしまったことを嫌がった感覚が微かに残っているからです。 

 今、この写真を見ていると毛糸のカーディガン(最近はフリースですが…)を二人とも着ているので、雨ではなく、雪かみぞれが降っていたのかもしれない、そんな感じがしています。 

 そんな他愛ない写真ですが、幼児期の写真がほとんどない私にとっては、多分大切な写真の一枚なのだと思います。 (10月7日記)

 

               001

 

 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 11月23日(土) 14時頃から射水市の「小杉文化ホール ラポール」小ホールにて <懐かしのフォークソング>を数組で歌う企画に出演することになりました。 トリは「楽屋姫」さんだそうです。 アリス、よしだたくろう、イルカ、風などのカバー曲をそれぞれのユニットが歌います。 

 私は中島みゆきの歌をと言われたのですが、中学生の頃に、姉の影響で姉が買ってきたLPレコードを逆に私が何度も聴いて自宅で歌っていた「五つの赤い風船」の歌も唄いたいなと思っています。 

 今、予定しているのが、「戦争を知らない子供たち/春夏秋冬/遠い世界に/時代」です。 

  また、詳しいことが分かればブログにてお知らせします!!  

 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「金木犀の花が香る頃・・・」

 ♪今年も 甘い香りが 漂いはじめる~♪ という私の唯一のCDアルバムにある「金木犀の花が香る頃」の季節になりました。

 下記のフォトは9月30日に撮影したものですが、毎年、咲いた直後にほとんどの花が、小さな青虫に侵食されるのですが、今年は珍しく満開でそして青虫の被害がなく、先日の台風の風で振り落とされるまでずっと咲いていてくれました。 甘い香りは、すぐに分かります。 そして、ふと気づかされます。 『ああ、今年もそんな季節が来たんだぁ~。もうすぐ息子の誕生日だな…』と。

 今日は息子の誕生日ですが、本人の体調はまだまだ思わしくありません。昨日も大変でした…。が、なんとか今日は落ち着いているようなので、親子で外食に行って来ようと思います。

 季節の変わり目、どうぞ皆様もお身体くれぐれもご自愛ください。 (10月7日記)

 

    IMG_8127 (583x800)  IMG_8124 (600x800)