富山シティエフエムにて(6月20日)

 先週、富山シティエフエムの宮本さんからメールが届いた。 6月24日~6月27日、10:40~11:00に放送される番組の中の10分間、トークと歌を1曲ずつ唄ってくれないかという依頼だった。

 宮本さんは、昨年5月の富山駅での「ミュージックフライデー」に出演した際のパーソナリティーで、それがご縁で、その年のソロライブ「七夕コンサート」にも来てくださった。 60歳になっても口下手であがり性の私にラジオの収録、それも4日間も務まるだろうか、自信は全くなかった。 それでも、勇気を出して承諾した。

 6月20日(木)16:00頃、北日本新聞社ビル8Fにある富山シティエフエムに赴き、早速、収録が始まった。 歌うだけでもう精一杯なので、宮本さんの質問の受け答えに完全にきっとハチャメチャなことを言っていたと思う。 だから来週放送されるのを聴くのが怖い。 けれど私としてはそれが精一杯なので、仕方がない。 60分ほどかかった収録が終わった後は、ずっと緊張し続けていたので放心状態になってしまった。 

 ちなみに羊毛とおはなさん曲は今週やっとレパートーリーにしたもので、初めて人前で披露し緊張はマックスだった…。 もし、聴くことが可能な方は聴いてみてやってください。 (6月21日記)

曲目 1.赤トンボがね…(オリジナル) 2.「うたの手紙~ありがとう~」羊毛とおはな 

   3.二百十日の月夜(オリジナル) 4.誕生(中島みゆき)

 

   IMG_8012 (800x600)  IMG_8013 (800x600)

  (パーソナリティーの宮本聡美さん)     (収録後、二人で)