変わりゆく周辺の商業地・・・

IMG_5817 (800x600) IMG_5823 (800x600) IMG_5829 (800x600)

 県道56号線(上飯野周辺)は我が家から徒歩2,3分のところにある。 27年前現在のところへ越してきたときには、その県道には、生協のスーパーしかなった。 しかし、そこから300m離れたところに大阪屋スーパーがオープンすると生協のスーパーは撤退せざるを得なくなった。 大阪屋の隣には、あまり名の知られていないドラッグストアがオープンし最初はお客もまあまあ入っていたのだが、近くにフジイドラッグが進出してきて、そこは早々と閉店してしまった。 その後、その場所に文苑堂書店が入った。 

 上記の写真は今年2月21日に撮影したもので、左の写真は昨年とうとう文苑堂書店が撤退し、隣接で営業していた大阪屋スーパー上飯野店は拡張するためにその跡地も利用して以前あった建物を全て取り壊し、現在は建設の真最中で3月中旬辺りには新しくオープンの予定である。 中央の写真は以前ユニクロがあったところで最近「VOLVO」としてオープンした。 右の写真はモスバーガーで駐車場を拡張するためか新しく建てなおしている最中で4月にオープンの予定である。 

 我が家の近くの沿道も30年近くの間にいろいろと目まぐるしく変わっていった。 フクロヤちゃんこ鍋店もあったのにな…。 せめてユニクロ文苑堂ぐらいは残って欲しかったが、2店とも豊田方面に移転してしまった。

 今、3日前に届いた「アデル」のCDを聴きながらブログを書いている。 ちょっと前まで「ジャスティン・ティンバーレイク」に夢中だったのだが、最近音楽活動していないのか、現在は、まだどちらも20代の才能あふれるイギリスのミュージシャン「エド・シーラン」とこれぞ唯一無二の歌声の「アデル」に夢中である。 私の嗜好や好奇心もまた日々変化し、今日は、昨日とは違う新しい自分が存在している…。 (2月25日 記)

 

 

  

宇奈月温泉(杉乃井ホテル)へ  2017年1月

 今年の1月下旬に、妹と二人で地鉄電車に乗って宇奈月温泉の杉乃井ホテル(元宇奈月ニューオータニホテル)に一泊してきた。 

 地元でもうわさになっている杉乃井ホテルに一度宿泊してみようと思い、いつものように楽天トラベルで申し込んだのだけれど、金曜日の夜とあってか謳い文句である低価格のところはもうすでに満室で、それよりも五千円高(税別)のところになってしまった。 夕食はバイキングなので食事のメニューは同じだし、この金額の差である部屋は少しは広いのだろうがタバコの焦げあとが数か所ある畳を見てしまうと何だか安っぽさも感じてしまい、割高感が募った。 こういうホテルは大勢で来てワイワイガヤガヤ楽しむところなのかもしれない。

 私たちはその日のパート仕事を終えて「荏原駅」から地鉄電車に乗り終着駅の宇奈月温泉へと向かった。 その日は雪ではなく冷たい雨が降り続く寒々しい日だったが、電車の中では家族のことやら病気のことなどなど絶え間なく話をして過ごした。 子どもの頃は、私は姉に泣かされ、そして私は妹を泣かしたりしてよく姉妹喧嘩をしたものだが、今になってみれば同性の姉妹を持てて幸せだったと母親に感謝している…。  

 この日は昨年の11月に無事手術を終えた妹の快気祝いも兼ねて来ているので、ホテルの愚痴を口にするのはやめて、新しくなった素晴らしい温泉にゆっくりと二人で浸かり身体を癒した。 翌朝、部屋の窓からは陽の光に照らされている雪景色を眺めることが出来た。 チェックアウト後に宇奈月温泉の町を散策し、帰りの電車の中でもずっと話し続けてあっという間に荏原駅に着いてしまった(!?) 

 「また、行けたらいいね♨♨ とにかく元気でいなくちゃね!!   (2月24日記)

 

IMG_5804 (600x800)   IMG_5811 (800x600) IMG_5806 (600x800)

(チェックイン16:00頃ロビーにて)(チェックアウト後 杉乃井ホテル前にて) (翌朝 部屋の窓からの景色)