ギタリスト打田十紀夫ライブへ 開進堂楽器店(8月7日)

 ギタリスト打田十紀夫氏「どこかで春が」CD発売記念ライブとして、2年ぶりに富山市の開進堂楽器店に来富した。

打田氏は、ブルース&ラグタイムを中心に演奏するギタープレーヤーで、もし興味のある方は彼のホームページを見て頂ければと思う。

実は、打田氏とは30数年前東京で知り合い、こんな言い方をすると大変おこがましいのだが、その時の歌仲間である。 出逢った当時、打田氏はまだ大学生で学業を続けるかプロのギタリストを目指すか考慮している時期だったと思う。

 打田氏がプロのギタリストとなって活躍しているのを知ったのは、息子が図書館で借りてきたギター教則本の巻末に打田氏が紹介されていたのを偶然目にした3年前のことである…。 それから不思議なことに、1年後に自宅から車で5分もかからない富山市新庄町の開進堂楽器店でライブするということを知って、30数年ぶりに再会したのだった。

 彼のオリジナル曲に「思い出の鱒釣り」という曲があるのだが、郷愁を感じさせる素直な曲で私のお気に入りの曲である。 そんな「思い出の鱒釣り」は、彼にとってもとても大切にしている曲なのだろう…。 私の購入したCDアルバム「思い出の鱒釣り」「アコースティックディライツ」そしてニューアルバム「どこかで春が」にも必ず収録してある。 

 私は以前その曲に「詞をつけてもいいですか?」と訊ねたことがある…。 彼は快く了承してくれたが、詞が始めか、それとも詞と曲が同時進行の私にとっては難しい限りで、イメージはあるのだけれど、なかなか未だにしっくりとした詞にならない。 

 『いつかできたら前座で使ってもらおうかな…?』などと冗談まじりに思ったりしている…(笑)

 

       img_5323-600x800    img_5321-800x600

   img_5322-800x600    img_5325-800x600

中日vs広島観戦へ 富山市民球場(7月5日)

 スポーツ観戦、特に野球観戦が大好きな私は富山で行われる年に一度のナイターを楽しみにしている。

今年はお天気も心配することなくゆったりとバックネット裏で観戦することが出来た。

載せるつもりはなかったのだけれど、25年ぶりにセリーグ優勝を決めた広島カープの記念に、7月5日に行われた富山市民球場(アルペンスタジアム)での試合の模様を載せておこうと思う。

 

img_5171-800x600 img_5154-800x600 img_5156-800x600

 

img_5167-800x600 img_5177-800x600 img_5174-800x600

     (野村投手)        (新井選手)