いたち川フォークジャンボリー、歌ってきました!!

 7月24日(日)富山市街の五番町地区センター前で「いたち川灯篭流し」の行事に合わせて行われた「第3回いたち川フォークジャンボリー」にて歌ってまいりました。

 今回は企画者である松原さんが「楽屋姫」に声をかけたということで、第3回目は沢山のお客さんが集まりました。

けれど彼らが歌い終わった後、ぞろぞろとお客さんが帰っていかれて、最後に歌う私は複雑な胸中でしたが、友人も応援してくれているし、いつもの会場の雰囲気に戻って、蒸し暑い中一所懸命歌ってきました。

 それから一回目からずっと同じく出演している中村武司さん 、CDを買って戴き有難うございます!!

 一枚でも買って戴くと本当に心から嬉しくなります…。 気に入ってくださることを心から願っています!!

  曲順 1.値上げ(高田渡)2.In My Life(ビートルズ)3.可愛いベイビー(中尾ミエ)

     4.心が折れそうになっても…(オリジナル)5.二百十日の月夜(オリジナル)

       アンコール曲 知床旅情

 

※今回も私の映像はありません

  IMG_5287 (800x600)  IMG_5303 (800x600)

                             (楽屋姫)

 

  IMG_5297 (800x600)  IMG_5301 (600x800)

                 (いたち川 灯篭流し)

一枚の写真・・・

 21歳の頃の写真だと思う…。 最近、偶然実家から一枚の写真が出てきた。 

東京で自活を始め、同じ会社のアルバイト仲間と5月(ゴールデンウィークに行った記憶がある)に鎌倉へ行った時の写真だ。 

向かって右側が私で、左側が縁があって6畳+3畳(お風呂なし)の東中野のアパートの一室を二人で、今で云うシェアして住んでいた友達だ。 彼女も地方(北海道)から上京してきた。 今でも大切な友達である。 中央の女性は東京の人で、なんだかやっぱり私たちと違ってあか抜けている…。

 写真を見るとその当時、襟付きのトレーナーが流行っていたのだということが分かる。 アルバイトでぎりぎりの生活をしていて、化粧っ気もなく、ましてや色気などさらさらなく、それこそ純粋に夢を追い求めていた、そんなキラキラ輝いていた時代だ。 今思えば、そう思える…。 一所懸命生きてきたとそう思える…。 

 私にとっては、「大切な一枚の写真」。 この写真が出てきてから、大事にいつも見られるように手帳に挿んである。

 

     IMG_5089 (800x600)

「白木峰」初めてのトレッキング

 2016年7月2日(土)富山は今年一番の猛暑37℃を記録した日だった。

けれど白木峰(1,596m)では、涼しいぐらいの風が吹きわたっていた。 地元にいながら数年前に白木峰という存在を知り、その時から一度行ってみたいとずっと願っていた。 そして、友人のおかげでついにその願いが叶った。 

八尾町の町民ひろば駐車場で友人と待ち合わせ8時20分頃出発する。 八尾町の奥にある大長谷のさらに奥の狭隘なくねくねした林道(私の運転では無理…)を通ってようやく白木峰駐車場(1,320m)に辿り着いた。 ネットの見知らぬ人のブログでは、シーズンになると正規の駐車場(約20台)では足りなくて道路の片側にずらっと車が並んでいる写真が載っていたが、その通りであった。 なかなか思うように駐められずにいたところに、偶然一台の車が駐車場から出ようとしていた。 『なんとラッキーなことだろうか…!!』 私たちはすぐさま思った。 これは神様が「山に行って来られ!」と言っておられるにちがいないと…。

それから10時近くに登りはじめたのではないだろうか…。 最初から急な登りだった。 15分程登ると舗装された管理道路と交わる。 そこからは私たちは緩やかなその舗装道路を行くことにした。 さすがにそのルートを上っていく人たちはいなくて、下りてくる人たちとばかり出会った。

私には登山が出来る体力がない。 ただひたすら山に登ることも目的とはしていない。 ゆっくりと周りの景色や植物を眺めたり、鳥のさえずりや沢の流れる音を聴きながら山を歩くことが私にとっての至福の瞬間だと感じている。

 

IMG_5091 (800x600)    IMG_5100 (800x600)

(登山口から15分程登ったところからの景色) (白木山荘から。拡大するとニッコウキスゲが点在している)

 

 IMG_5107 (800x600)   IMG_5109 (800x600)

    (白木峰頂上1,596m)         (頂上から太子堂を望む)

 

IMG_5116 (800x600) IMG_5124 (800x600) IMG_5118 (800x600)

 浮島の池では、ワタスゲの何とも言えない美しい白色に心が洗われる…。

 

               【白木峰の高山植物】

IMG_5132 (600x800) IMG_5099 (800x600) IMG_5102 (800x600) 

 

IMG_5114 (600x800) IMG_5128 (800x600) IMG_5142 (600x800)

 

IMG_5123 (800x613) IMG_5096 (800x600) IMG_5136 (800x600)

浮島の木道でやすんでいた見たことのない初めての蜻蛉。 今年生まれたばかりのカタツムリを見つけた。 

昼ごろから青空が見えはじめ、その中をジェットが一筋の雲を描いていった。

 

      IMG_5137 (800x600) 避難休憩小屋(白木山荘)

  山の景色を眺めながらのランチも終わり、来た山道を戻る。 

 

我が家の庭へ舞い込んだ蜻蛉

 

 2016年5月15日、我が家の庭にこれまで見たこともない少しグロテスクな蜻蛉が暫し休息していった。

ちょうど偶然居合わせたので急いでカメラに収めた。

ネットで調べると「ハラビロトンボの雌」だろうと思われる。

蜻蛉が大好きな私にとってなんともうれしい出来事だった。    

  IMG_4783 (800x600)  IMG_4787 (800x600)

         (スズランの葉にとまっているハラビロトンボ )

 

 今年もカマキリが孵化し、何匹かの子供のカマキリを庭で観ることができた。

 下記の写真はラベンダーの枝にいるカマキリである。

   我が家のカマキリ (800x588)(2016年7月2日撮影)